title:AM(Dayzzz)
year:2019
Material: sound, audio amplifier, mp3 player, media player, video projector
time: sound_ 5minutes 35seconds, video_ 2minutes 30seconds
view:installation at Yokohama Civic Art Gallery, Kanagawa
photo:Ken KATO



AM(zzz02′47″)score



守章は、守雅章と守喜章の双子の兄弟ユニットである。これまで、双子という身近な他者である兄弟の間の距離感や境界、あるいは関係性を見出しかたちにしてきた。1996年から始まったユニットでの活動は、意見の相違を理由として2010年に一時中断し、2018年に再開している。
出品作品《AM(273)》と《AM(Dayzzz)》は、それぞれ独立した性質を持つ作品だが、本展のタイトル「対話のあとさき」に因み、一組の新作サウンド・インスタレーションとして再構成される。ユニットでの活動を中断するきっかけとなった《AM(273)》は、無音状態の中での偶然性や不確定性を音楽に取り込んだジョン・ケージの《4分33秒》(1953年)から着想が得られている。宮城県石巻市と東京都渋谷区、それぞれの場所で二人が同時刻に1から273までの秒数をかぞえるという《AM(273)》は、相似した二つの声によるカウントが、重なったりずれたりしながら反復される。ここでは、音を受け取る人の意識が、自律的な空間から外部へ向かうような回路を生み出そうとする試みがうかがえる。
8年のブランクを経て、ユニットでの活動を再開し制作された《AM(Dayzzz)》は、一方の就寝中の睡眠と覚醒との間に生じる音声を収録し、そこにもう一方の日常に伴う音を重ねた作品だ。東日本大震災により被災した石巻に暮らす兄と
東京で生活している弟の間では、制作に限らず出来事を共有できない部分があったという。意識から抜け落ち、 黙過されるような日常の物事に着目した《AM(Dayzzz)》には、震災を経験して得た共有不可能性という視点が見受けられる。就寝時に発せられる音声、周期的な生活音は、それぞれ無意識のうちに収録された音であるからこそ、守章の作品において一つの表現として成立しているのかもしれない。それは、意見の相違を理由に一時活動を中断したユニットが見出した制作方法の展開であり、二人の新たな対話のかたちでもある。

大塚真弓「対話のあとさき」‬新・今日の作家展 2019
[展覧会記録集]横浜市民ギャラリー, 2019年




From August to September 2010, Mori Masaaki living in Ishinomaki City and Mori Yoshiaki living in Shibuya, Tokyo called each other through an Internet telecommunication service, Skype, and attempted to count numbers together at the same time. 
For  so  long,    we  had continued  making  artworks   while  living  in  distant locations, Tokyo and Ishinomaki. It was an attempt to make an artwork that would  grasp  what  resonated  between  us  despite  the  difference  of   each other's circumstance, at the same time it was a search for the breadth of our artistic practice as a duo.  After  our  recording  on  September  12, 2010,  our opinions about future directions got sharply divided, and the production of the work was discontinued. 
Since then, our practice as a duo has been stopped.
In May 2018, an  attempt  was  made  in  Ishinomaki  city  to  record  the  state between  wakefulness  and  sleep  by  using  a  sound-recording  device.  Our artistic activity as a duo had been stopped since the recording on September 12, 2010,  the invitation to make a new work meant unknown  possibilities to us. We decided to use the opportunity to discover each other after the 8-year gap. 

Mayumi Otsuka「The Ongoing Dialogue」New “Artists Today”Exhibition 2019
[Exhibition Document]Yokohama Civic Art Gallery, 2019